クォパティ寺院へ

報告書番号:2012-09-28

八月三十日、夜十二時頃

今、私は仲間の冒険者たちとギルガメッシュの酒場に来ていた。
二階にあるベランダに座って皆でがやがやと話し込んでいる。
残念なことに、これは祝杯ではない。結局のところ、私は勝つことはできなかったのだ。

三度目の卵が産まれたところまでは覚えているのだけれど、その後しばらくたって気付いたら闇天使の像の前だった。……何はともあれ、私の冒険者としての冒険はこれで終わったのだ。既にドルクさんのところに行って話は済ませてある。

さて、皆が寝静まるか解散するかしたら、私は寺院へ行こうと思うのだ。
そこで前に話したように僧侶に転職して冒険者の支援活動か何かをするのも悪くないかもしれない。

――クォパティ寺院。そこではゆっくりと過ごすことができると、良いのだけれど。

冒険者時代のイーリアス・イーヌを描いたとされる版画  作者:よしえもん
制作:アザルス暦381年

地下ドラグーン遺跡、探索の記録一覧へ戻る

次の記録へ
報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。