はしがき

報告書番号:2011-12-05

――ディメント王国。
私が故郷から遠く離れたこの遠方の地へ訪れた目的は、多くの冒険者と同じく"異変"の解明だ。
そして王国の港町イルファーロを訪れてから、もう一月が経とうとしている。
この地で冒険者として過ごす日々は想像以上に困難なものだった。
迷宮に巣食うおぞましい魔物や罠の数々、同じ人でありながら刃を向けてくる犯罪者と呼ばれる無法者達。
この者たちの凶刃にかかり、迷宮で魂を失うその日まで、記録を続けたいと思う。
これが異変解決を望む多くの人々の助力になることを願って。

また、報告書に関する注意事項だが、地図や魔物の情報は現地で私自身が確認したもののみを記載してある。迷宮の調査には注意を払っているが書き漏らしやが誤りがないとも限らない。この点は他の冒険者の報告書と比較することでより正確な情報を得られるだろう。


一つ気がかりなのは、同じ冒険者がこの記録書に目を通すことで冒険者たるを忘れてしまうのではないかということだ。冒険、それは時に、悩み、行動し、そして、危険をも友とするものなのだから。

アザルス暦380年 精霊祭の日

イーリアス イーヌ

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。