フィル・エリンの間の探索終了

報告書番号:2011-12-24

新たな迷宮の出現

なにやら首都では以前まで使われていた旧い地下水路から遺跡が発見されたらしい。そこにはとても恐ろしい魔物達が巣食っているらしく、冒険者ギルドは熟練の冒険者達を招集しているようだ。私も新たな迷宮に潜ってみたいという気持ちが強かったがギルドの難易度指定はレベル17、とてもではないけれど今の私では入ることが出来ない。私も早く熟練冒険者の仲間入りをしたいという逸る気持ちを抑え、黄龍の神殿跡へと向かった。

第一決戦場のムービングロック以降は取り立てて難しい所もなく順調に進めることができた。特に第三決戦場の祭壇へ向かうゲートを守っていた巨大な蛙の魔物、デーモンズヴィークルはこれまでの決戦場で一番簡単(1しかダメージを受けなかった)だったけれど一体なんだったのだろう? ともかく私は祭壇で無事に宝玉を手に入れることができアラハゥイ様から多額の報酬を受けとった。ソウルランクも4へと上がり次はチコル城址の探索だ。実はフィル・エリンの間と同時進行で少しずつ探索していたのだが、これで一つの迷宮に専念できるというものだ。

黄龍の神殿跡の宝箱の情報の続き

最後に、黄龍の神殿跡であれから更に宝箱を数箇所で発見した。明日にでも作成したフィル・エリンの間の地図と、万傷の踏路の地図に追加情報を載せておこうと思うので、良かったら確認して頂ければと思う。
一つだけ今までにないような珍しい宝箱があったので、ここにそのスケッチを載せておこう。 まるで物語に出てくるようなドラゴンが守っている金銀財宝の眠る宝箱だ。しかし私が開けたときは使い古しの剣、先折れの槍、ささくれた杖、毒消しの薬と、ひどくがっかりする内容だった。ちなみにこの宝箱は黄龍の神殿跡、万傷の踏路(C2)に設置されていた。

黄龍の神殿跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。