考察:貯水区画の決戦場、フィルティーノーブルマン、プリースト、ソロ攻略

報告書番号:2012-01-04

この報告書にはソロのプリースト(ノーム)によるアリア川貯水窟、貯水区画の決戦場に関する考察が書かれている。
また、この記録は備忘録も兼ねている為、情報が古くなった場合は上書きする可能性があることをお断りしておく。

参考ステータス
Lv 13
ソウルランク 4
HP / MP 403 / 141
コンディション 100(正常)
料理 ディメントスープ
スキル ヒールLv3
ミドルヒールLv1
ヒールサークルLv1
キュアポイズン
キュアパラシリス
ディバインアーマーLv6
トーチライト
物理攻撃 36
魔法攻撃 0
物理防御 116
魔法防御 18
AC評価値 4
装備重量 13.60
最大重量 13.85
GP 320
STR (+1)15
VIT (+2)17
DEX (-1)7
AGI 9
INT (+1)11
PIE (+4)22
LUK (+2)14

基本戦術

この決戦場ではフィルティーノーブルマンと2体のフィルティーバレットと戦うことになる。しかし廊下を少しずつ進んでいくことで1体ずつ戦うことができる。
ここの強敵フィルティーノーブルマンは黄龍の神殿跡に出現するズールと攻撃方法は同じだが、HPと攻撃力が大幅に増加しているためプリーストのソロでは力押しで挑むのは難しい。ここではこのフィルティーノーブルマンの攻略方法を主に書いていく。

基本は一撃〜二撃与えてバックステップで下がるといったヒット&アウェイ戦術になる。上手く行けばフィルティーノーブルマンの攻撃に合わせて後ろへ飛び、隙だらけとなった直後にまた攻撃を加えに行く。攻撃空振り後は二撃以上与えるようにしたい。また、私はGP320のヘヴィシールド+2を重量を気にせず持てるため相手の攻撃を誘発させるためにガードした状態で待ち構えるといった方法も取って戦った。

ダメージを負った時の回復のタイミングは、相手の空振り後、ただならぬ気配中、岩石投げの直後が安全に回復できる機会だと思う。

対スキル戦術

岩石投げ・・・
岩石投げの動作を見せたらターゲットを外し回避に専念する。私が不慣れなせいもあるかもしれないけれど、ターゲット中の移動速度が低下した状態でこれを回避するのは難しい(というより一度も成功したことがない)。間に合わないと思ったらGPにもよるが盾で防ぐのも良いだろう(しかしGPはなるべく温存していた方が攻撃チャンスは増えるので出来れば回避したいところだ)。
この岩石投げの回避が苦手な者はなるべく廊下の壁側で戦うようにすると良い。そうすることで岩石の投げの動作を見せたら真横へ移動するだけで簡単に回避できる。
また、この岩石投げの直後は隙が多いのでHPが減っていたらこの隙にヒールやヒールポーションで回復を図るのが良いだろう。

たたきつけ・・・
ただならぬ気配(妨害不可能)の後に放たれる中距離程の範囲攻撃。バックステップ一回分から更に数歩下がることで射程外へ逃れられる。これは反撃か回復、上手くやれば反撃と回復を同時に行える絶好の機会になる。またGPに余裕があればそれ以上の好機になる。ただならぬ気配を出してから四〜五撃はダメージを与えることができ、放たれる寸前に盾で防ぎ、その直後に更に四撃はダメージを与えられる。不慣れな場合は黄龍の神殿跡のズールやズールウォーリアーで練習すると良いだろう。

フィルティーバレット戦

フィルティーノーブルマンを単独で倒すことが出来れば問題になるようなことは何もないだろう。
広間に2体潜んでいるが廊下を出て壁際に沿って少しずつ進んでいけば1体ずつ戦うことができる。
間違ってもう1体に見つからないように廊下まで引き返して戦えばより万全だろう。基本的に攻撃、HPが減ってきたらヒールで回復という繰り返しだけで倒せる。少々時間はかかるが、初撃、追撃、ガード、という流れで安全に倒すことも出来る。

アリア川貯水窟、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。