考察:貯水区画の決戦場、ミリオネア、プリースト、ソロ攻略

報告書番号:2012-01-08

この報告書にはソロのプリースト(ノーム)によるアリア川貯水窟、貯水区画の決戦場に関する考察が書かれている。
また、この記録は備忘録も兼ねている為、情報が古くなった場合は上書きする可能性があることをお断りしておく。

初達成時のステータス
Lv 14
ソウルランク 4
HP / MP 474 / 148
コンディション 200(絶好調)
料理 骨付き肉
スキル ヒールLv3
ミドルヒールLv1
ヒールサークルLv1
キュアポイズン
キュアパラシリス
プロテクションLv1
ディバインアーマーLv6
トーチライト
物理攻撃 42(背徳のメイス+4)
魔法攻撃 0
物理防御 134(ハードレザーガード+4、祝福のハードレザーメイル+4、ライトメタルグローブ+4、祝福のハードレギンス+5、ハードレザーバスキン+4)
魔法防御 10
AC評価値 4
装備重量 17.70(ODダッシュ不可、バックステップ不可)
最大重量 15.50
GP 320(ヘヴィシールド+2)
STR (+4)16
VIT (+2)17
DEX (-1)8
AGI (-3)10
INT (+1)12
PIE (-2)23
LUK (+1)14
使用アイテム レッドポーション1個、高級レッドポーション1個、最高級レッドポーション2個、キャンプ2〜3個
備考 HPはヘヴィシールド、ライトメタルグローブ、ヘヴィベルト、生命の指輪で底上げをしている。

基本戦術

この決戦場ではミリオネア1体、ブライド9体との戦いになる。
プリーストの場合、長期戦になるので町で全ての装備の耐久度を完全にし、全ての防具の部位の予備を用意しておくのが良いだろう。また資金に余裕があれば事前にロイヤルスイートに泊まりコンディションを好調にしておくのも良いかもしれない。
不慣れな内は失敗したり、制限時間内に倒せない場合があるかもしれないので最初のうちは練習のつもりで挑むのが疲れずに済むと思う。
初達成時はコンディション絶好調、レッドポーションを数個使ったが、後々試したところコンディション好調でレッドポーションを使わなくとも下記の方法で攻略できた。ただ、コンディションが正常で物理攻撃36の暁のメイスだと下記の方法では時間ぎりぎりになり攻略は難しいかもしれない。

戦闘方法だが、まず決戦場に入る前に武器を収め、開始直後(魔物たちが硬直している間に)すぐに広間まで向かい柱の影に隠れる。柱は広間の左右にあり、私は左側の柱を使って攻略したが右側でも問題ないように思える。基本的にこの柱に隠れながら誘い出し、柱から出ないようにして各個撃破していく戦闘方法になる。

一対一の場合

魔物の硬直が解けたら柱から少しずつ横へ体を出していきブライドを1体ずつ誘い出す。ブライドは攻撃範囲が広いため柱の外からでも攻撃が届くので、深追いしてこちらも柱から姿を見せてしまい他のブライドに見つかることのないよう注意したい。
物理攻撃が低い場合(私の場合、物攻42、コンディション絶好調で殲滅には20分かかった。コンディションが正常の場合はぎりぎり30分以内といったところ)、制限時間内に倒せない場合が多いのでなるべく短時間でブライドを各個撃破していく必要がある。
具体的な方法はブライドを攻撃範囲の外に押し出し、すぐに自分が柱の隅まで下がることでブライドがこちらを追いかけ柱の中央くらいに位置する。その際は盾でガードをして待ち受けておけば、相手の攻撃で柱の外に押し出されるのを防ぐことができる。 そこで柱の外に出ないよう気をつけながらブライドを柱と自分で挟むような形に持っていく(とりあえず私はサンドイッチ戦法と呼んでいる)。こうすることでブライドが移動することがなくなり、つまりこちらがどれだけ攻撃しても柱の外に姿を出さずにすみ、攻撃だけに専念でき短時間で倒すことができる。
無事1体倒すことができれば他の魔物もこの方法で各個撃破していく。このサンドイッチ戦法はブライドだけでなくミリオネアでも有効である。そしてミリオネア戦の前にはキャンプを設置しMPを全快にしておきたい。レベルやヒールレベルによるかもしれないが、MPを全て使いきっても倒しきれない場合があるからだ。

このコインの魔物達はその姿形のせいでわかり難いが見かけよりも体が大きいようで実際は柱の中央でなく、はみ出てしまうのではないだろうかといったやや斜めの角度でもしっかり柱と自分で挟み込むことができるが、最初のうちは分かり辛いので中央に持ってくるくらいが良いと思う。 上図(対ミリオネア)の角度だと、このまま攻撃を続けていたら柱の外に出てしまいそうだが、コインの魔物の背はしっかりと柱に密着しているらしくこれ以上押し出されることはない。これはブライドでも同様。

最後に、次第に敵の数が少なくなっていくにつれ、ブライド達コインの魔物が上手く誘い出し辛い陣形になっているかもしれない。その場合は柱から真横へ姿を出すのではなく縦の動きで誘い出すのが良いだろう。 このような誘い出しの組み合わせでこの決戦場の全ての敵と一対一で戦うことができる。

一対多の場合

稀に誘い出しに失敗し複数のブライドを引っ張ってしまうこともある。その場合、武器をしまい素直に決戦場から逃げてもいいし、逆に武器を構え戦っても良いだろう。ただ戦う場合は高レベルのディバインアーマーを習得していないと難しいかもしれない。

一対多の場合、標的を一つに絞り集中攻撃で倒す。1体をサンドイッチ戦法ではさみこみ素早く倒すというのが理想だが不慣れな内は上手くいかず、逆に更にブライドを引っ張ってきてしまうことになるかもしれないので気をつけたい。

また、複数戦の弱点はディバインアーマーやヒールの詠唱を邪魔されてしまうという点がある。これは一旦盾を構え、ガード中の”ガァン!”という音を合図にディバインアーマーもしくはヒールを唱えれば上手くいくことが多い。私の場合一対二までなら上手く戦えるが、一対三以上となると運が絡んでくるので素直に逃げるようにしている。この辺りの判断はあなたの経験と攻撃力、防御力次第になるだろう。

回復の機会

これは柱に隠れながらの一対一、または一対二という条件下での方法になる。
ディバインアーマー中であれば詠唱を邪魔されることなくヒールを唱えられるので問題はないが、戦闘中にディバインアーマーまたはヒールを唱える場合、ブライド達の攻撃間隔は短いのでタイミングを合わせることが難しい。
”一対多の場合”でも書いたが、その場合は盾を構えガード中の”ガァン!”という音を合図に唱えれば大体上手くいく。

また戦闘中のキャンプを張る方法だが、知らない方もいるかもしれないので書いておこうと思う(実は私もこの戦いまで気付かなかった)。ディバインアーマー中であればキャンプも妨害されずに設置することができる。これはブライド戦では必要ないと思うけれど、ミリオネア戦では場合によってはMPを全て使い切っても倒しきれないことがあるからだ。流れとしてはディバインアーマーを発動させヒールでHPを全回復しその後キャンプを張るのがいいだろう。キャンプを設置すると効果時間中は攻撃もスキルも一切使えないのでそれまでの間、敵の攻撃に耐えなくてはならない。ヒールポーションを複数用意し、なるべくクールタイムを稼ぐため、最初にヒールポーションの回復量分ダメージを受けたらヒールポーションで回復し、ヒールポーションのクールタイムが過ぎるまで盾でガードしてやり過ごす、再び使えるようになったら盾の構えを解いてという方法でキャンプ中持ちこたえることができると思う。

アリア川貯水窟、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。