貯水区画の第四決戦場まで

報告書番号:2012-01-10

寄り道、クエスト『欲望の地』

第三決戦場へ向かう前に、寄り道をすることにした。クエスト『欲望の地』の討伐対象となっている三つの魔物の内、ミリオネアとトラシーを倒したので残すフィルティーノーブルマンもこの際だから討伐しておこうと考えた。ミリオネアとは当分の間(少なくともSR6くらいになって装備が強くならない限り)、再戦したいとは全く思わないのでこの機会は大事だ。そしてミリオネアを倒すために武器と防具をしっかり鍛錬した現在ではあれだけ強敵だったフィルティーノーブルマンも全く苦労することなく倒せた。

第三決戦場、突破

第三決戦場へ挑む前に先に暗闇の美術館で彫像の残りのパーツを集めていくことにした。私の予想が正しければこれで決戦場の魔物になんらかの変化が起こると思うのだ。しかし、他のパーツはなぜか持っていくことが出来ず、またしても私は後ろ髪を引かれつつ第三決戦場へと向かった。つまり、あのトラシーの大軍団と戦わなくてはならないようだ。私はミリオネア戦と同様に決戦場へ入ると魔物の硬直時間中に柱の影まで走りそこで様子を伺った。どうやらこの決戦場でも柱の影は有効なようだ。そしてこれもミリオネア戦と同様に柱の影から少しだけ姿を見せて1体ずつ引っ張り私と柱の間に挟みこむサンドイッチ作戦が上手くいった。 ミリオネア達と違い体も小さく(といってもノームの私と変わりないくらいだけど)、簡単に1体ずつ誘い出せるし、簡単に柱の中央にも誘い込めた。大軍団と思えたトラシーもあっという間に全て倒すことができた(相手の数は10体程だった)。

彫像に秘密があると思ったのだけど、どうやら私の勘違いだったみたいだ。(この後ユニコーンについて調べてみたのだが翼が生えていると思ったのは私の記憶違いだった。もう確認する術はないけれど、この事から考えるとあの彫像は正しいパーツを当てはめなければ扉が開かない仕掛けだったのかもしれない)

第四決戦場前にて

こうして更に探索を進め、次なる闇天使の像の前へとやってきた。さて、第四決戦場と記したが実はまだ決戦場への扉が開いたわけではないので本当にこの闇天使が決戦場へ導いてくれるのかはわからない。というのもどうやらこの闇天使の像を作動させるにはクラーケンコインが2枚必要なようだ。クラーケンコイン、この響きに聞き覚えがあった。それもついさっき。

そうだ。冒険者ギルドで受けたクエスト『欲望の地』の選択報酬のリストにあったのだ。しかし私が選んだのは武器鍛錬石だ。クラーケンコインではない。どうしよう。私はクラーケンコインなんてもっていないのに・・・・・・。いや、数日前にはクロークにちゃんと仕舞っていたのだが物が増えてきたので売ってしまったのだ。

・・・・・・もしかしてまたミリオネアと戦わなくてはならないのだろうか。

アリア川貯水窟、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。