深層域の第三決戦場に挑んで その6

報告書番号:2012-01-27

正義の錫を手に入れて

恐ろしいことに鍛錬に失敗しグレートカジエル+4は私の手元から去ってしまった。私の力量では背徳のメイス+4でソロ攻略は出来そうに無いし、万策尽きたかに思われた。しかし、まだ100,000Gは資産が残っている。私は最後の希望を露店に託し、その結果”正義の錫”という棍棒を手に入れることができた。そして+4までの鍛錬も無事に成功。+5にするのはさすがに怖すぎる。もし失敗したら聞こえてくるのは武器の壊れる音ではなく私の心が砕ける音になってしまうだろう。 ともかく、これで物攻52になり再びアサルトブルへと挑戦することに。

あと僅かという大きな壁

ロイヤルスイートに泊まってコンディションを好調にし、第三決戦場へと向かう。第三決戦場の前の扉はやはり鬼門で二度も命を落とし、三度目でようやく闇天使の像へ。幸いコンディションは好調を維持している。そして・・・・・・。 この数十秒後にスキルの回避に失敗し、私は死んでしまった。といっても残り1分もすれば強制退場となってしまうのだけど。

今回の戦果を見るとあと少しで倒せそうではあるが正直この壁はとても厚く感じる。今回は立ち回りにかなり自信があっただけにまだこれだけ相手のHPが残っていると、勝てないかもしれないという思いが強くなる。とても自信がないけれど通常攻撃から攻めに出る立ち回りも考えるべきかもしれない。今回の戦果はほぼ相手のスキル発動を待ってから攻撃したものだからだ。

・・・・・・または戒律を捨てて剣を握るべきだろうか? 既に私は迷宮の探索のために背徳のメイスをこの手に握ってしまっている。今更、戒律もなにも・・・・・・。でも、ここまでくるとソロのプリーストでどこまで進めるのか試してみたくもなる。あと少しでレベルが16になる。そしてアタックオーラに賭けよう。

アリア川貯水窟、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。