片手剣ファイターによるマングラー攻略

報告書番号:2012-02-19

F8の細い通路でのマングラーのかわし方と倒し方

マングラーとの最初の戦いになるF8(MAP参照)の細い通路では、マングラーが入口を塞いでいるけれど、これはマングラーが真横(北側)を向いたときに走り抜ければ見つからずに通り抜けることができる。同様に窪地にある石版を読みたい時は真後ろ(西側)を向いた時に進めればこれも見つからずに進めることができる。

討伐する場合はマングラーのすぐ近くにある火炎放射装置を利用するのが良いだろう。こちらが火炎装置から少し離れた場所で盾でガードして待ち構えていればちょうど炎が吹きかかる位置でマングラーは延々と攻撃を続けるので盾のGPがなくなるまで耐え、GPがなくなったらすぐにその場を離れ、そしてGPが回復したらまた同じことの繰り返しで討伐までもっていくことができる。その場を離れる時に注意点があるけれどそれは後述しよう。 もう一つ、時間はかかるけれどマングラーが真横や後ろを向いているときにターゲットはせずに二撃ほど与えてすぐにその場を離れるといった方法でも倒すことができる。マングラーから離れるときは立ち止まらずに後方にあるもう一つの火炎装置の後ろまで逃げれば相手はこちらを見失う。立ち止まってしまうとずっと追いかけて来る場合があるのでHP管理に気をつけて火炎装置の炎を受ける覚悟で一気に逃げてほしい。この時、マングラーが所定の位置に戻る時に壁に引っかかることがあるのでこの場合は攻撃の機会となる。

決戦場前でのマングラーの倒し方

梯子を上ったすぐの場所でマングラーに延々殴られ続けただろうか? 闇天使の像の謎解きをしているときには? 良い返事だ。ここからは反撃といこう。ゴーレムを瓦礫にしてやろう。

まず梯子の下で上階のマングラーの姿を確認できるので頃合を見て上がることでマングラーの一方的な攻撃を受けずにすむ。無事に上ったらまずはターゲットは外して相手に近づき左手突きを誘発させる。左手突きを放ってきたらすぐにターゲットして、そのまま相手の左手側(こちらから見て右側)にマングラーに密着するように進む。常にマングラーに密着し右回りにマングラーの周囲をまわることで左手突きを放ってきても当たることはほぼない。 ここから更に攻撃に討ってでる。マングラーが左手突きを放ってきたと同時にこちらも攻撃を加える。一撃を与えたらすぐにそのままマングラーの周囲をまわる行動に戻り、この繰り返しで討伐することができる。

黄龍の神殿跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。