ガーゴイルとの戦い

報告書番号:2012-03-11

それは未だ解けぬリドル

忘却の寺院で最も驚かされたのがガーゴイルとの戦いだった。あなたも最初の決戦場を越えたすぐの通路であの魔物と出会わなかっただろうか? プリースト時代はディバインアーマーLv7を習得していたことからHPと挑む前にMPを必要分確保さえしていれば(もちろん、一対一というのは大前提ではあるけれど)負ける相手ではなかった。それがどうだろう? 未だ攻略法を掴めてはいない。一応それらしき戦い方はできてはいるのだけれど。 これがその戦い方になる。自分で言うのもなんだけれどなかなか上手く戦えているのではないだろうか? 一撃を入れてすぐにガードする・・・・・・というよりはガードで防ぎつつ、すぐに一撃を入れるといった方が合っている気がする。呼吸をガーゴイルに合わせて戦う方法。ただこの方法だと相手のHPを半分削ったくらいでこちらの盾のGPが尽きてしまう。私は物理防御200ちょっとでGP555くらいのカイトシールド+1を装備しているのだけれど盾のGPが尽きたら必死になって相手の索敵範囲から逃げるしかなくなる。今の私に出来ることは盾のGPが続く限り攻撃を加え、GPの消耗と共に撤退し万全の状態になってからまた挑むくらいだ。

仕方ない、何か良い方法が思いつくまではこの不安定な戦い方を拠り所としよう。それに、後の楽しみが一つ増えたというもの。忘却の寺院を無事に終えることができたら冒険者ギルドにいってガーゴイルに関する資料を探してみよう。他の冒険者たちがどのように戦ったのか? それを知り、時に「こんな方法があったのか」と驚く、それもまた一興なのだから。

忘却の寺院、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。