パーティーで挑む旧地下水路、地下1階、第四決戦場を越えて

報告書番号:2012-04-07

プリーストの立ち回り

第四決戦場のリドルを終えたばかりのとき。私がリドルを解かないとポークル達が岸の上から落とされてしまう!……というわけでもないので私は時間をかけてゆっくりと問題に取り組んだ。それにしてもこの手の計算問題は私は大の不得意なのだ……。そのうちリドルを間違えると足元の床が抜ける。なんてリドルも出てくるんじゃないだろうか。

今回は第四決戦場までの魔物を倒したところで町まで戻る。私のレベルは6だったので今回は付いて行くだけという形になってしまったのが勿体無かった。それでもプリースト不足のため私のすることはあったのだけれども。しかしパーティーでのプリーストの立ち回りはなれるまでとても大変そうなのことだけはよくわかった。仲間のHPを意識することにかまけていると戦闘での立ち回りがおろそかになってしまうし。ちなみに今の私ではこの二つを同時にこなすことはまだ難しそうだ。

しばらくはヒーラーとしての立ち回りになれるためにも駆け出し冒険者向けのダンジョンで修練を積むべきかもしれない。

旧地下水路、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。