忘却の寺院のマッピングに備えて

報告書番号:2012-04-10

この記録を読む冒険者へ

これは私が旧地下水路、地下1階の探索中の外伝に当たる。

この報告書には、忘却の寺院最終地点までの情報が記載されている。
あなたは封を切って情報を得てもいいし、このまま棚に戻してもいい。

予行演習

広場で知り合ったポークルのちびぃ(彼女のあだ名だ)と忘却の寺院の第一決戦場前の広間まで予行演習に出かける。ここは以前の測量局の遠征でマッピングできなかった場所だ。

調査中に宝箱がでたので早速、ダメージカバーの出番だ。私はちびぃ(開錠者)にヒールをかけてHPを完全の状態にして、保険にダメージカバーをかける。 効果は薄いけれどダメージカバーはしっかりと仕事をしてくれている。


町に戻ると最近知り合ったばかりのアストライザさんから犯罪者の目撃情報を聞かされた。なにやら最近(381年4月前半頃)忘却の寺院に犯罪者が多く出没しているらしい。現に私たちもつい先ほど犯罪者を目撃したばかりだった。気をつけないと。

さて……。今回2人で調査してみて思ったことはやはり忘却の寺院からは適正レベル以上のパーティーでも油断できないということだった。マッピング中の私はパーティー戦に参加するのが難しいことから実質3人で密集地帯の前線を維持しなければならない。前回は私含む4人で調査に出たわけだけれど次回の遠征では2パーティー(4人+4人)で進めるのがよさそうだ。犯罪者の姿を頻繁に見かけるのであれば、なおさらに。

忘却の寺院、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。