町でのひととき 〜 第二回ポークルかくれんぼ その2

報告書番号:2012-05-06

その1からの続き。

イルファーロの港で行われたポークル達のかくれんぼ大会はとうとう最後の回になった。もちろん、最後の鬼はポークル達のためなら地の果てまでもかけつけるエルフのメーテルさんだ。 もう一度書いておかないと誤植だと思われるので書いておこう。1枚目のスケッチがエルフのメーテルさんだ。

鬼役のメーテルさんは壁にこれでもというくらいに顔を近付ける。ここで目隠しをして50秒数えてからポークル達を探しにいく。

それぞれが決意を言葉にして。

最後の秒読みが……

終わり。一斉に駆け出すポークル達。



といっても、私の役割はここなので絵になるものはなにもないのだけれど!

それでも、

こうして、

牢屋の傍を駆けていくときは姿を見ることができる。ポークル達もメーテルさんの後を必死になって追いかけていて微笑ましい。


…… ……そして時間も遅くなった頃に第二回ポークルかくれんぼ大会は終了した。
大会の主催者ほわほわ くおんちゃんお疲れ様でした。



さて、実はここに一枚のスケッチがある。これを報告書に添付するべきか悩んでいる。というのも、このスケッチはごく一般的な人であれば特になんということもないのだけれど、ある種の者にとっては劇薬になりかねないものだからだ。……やっぱり、このスケッチはここに隠しておこう。

夢幻の試練場、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。