ソロFIG 地下3階、地下闘技場第一会場まで

報告書番号:2012-06-16

攻略への小さな歩み

レベルが18に。やっぱり夢幻の試練場へ挑むとレベルが上がるのが早い。INTがあと1上がってくれたら魔抗カイトシールドが装備できたのに。

そしてヒートソードも+5の鍛錬が成功し、若干攻撃力が上がった。他にも歴戦のアイアンメイルといったSR7装備を着込めるようになった。ちょっとずつだけれど強くなっていく私。これで地下3階の探索にも希望が見えるに違いない。
…… …… ……。


ああ! あと一歩。ううん、あと、ほんのちょっと手を伸ばせば女神像だったのに……。
ほんの少しくらい強くなった程度ではまるで通用しない。私は自分の無力さを思い知らされてしまった。

地下闘技場へ

倒すことができないのなら……。
私は剣と盾をしまうと代わりにヘヴィシールドとスーパーヘヴィベルトを取り出し身に着けた。これは私の命を繋ぐもの。私のHPは740となり、これで女神像まで生きて辿り着かなければ。
…… …… ……。


ようやくここまで来れた。

そしてこの先がどうやら闘技場らしい。そういえば迷宮内でそんな話を聞いていたのを思い出す。

私は扉に近付く。ここまでやってこれたけれど、もう魔物と戦う意志なんて全くなくなってしまった。本当に屈せずにこの恐ろしいダンジョンを越えることができるのだろうか……。私は不安を内に抱きながら、ゆっくりと扉を開けた。

旧地下水路、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。