ソロFIG 地下3階、レッサーデーモン戦 その2

報告書番号:2012-06-26

フレイムアローの隙を狙って

レッサーデーモンのフレイムアローは強力だ。たった一撃で400近いダメージを受けてしまう。けれどそこに隙があるはず……! フレイムアローは、放ってくる前に特徴的な動作をするので判断するのは簡単だ。そこで私はレッサーデーモンがフレイムアローの動作をおこなったらすぐに真後ろに回って攻撃することにした。

けれど、なんて相手なのだろう。撃つ直前で体を180度向きなおして真後ろにいたはずの私に撃ち込んできたのだ。フレイムアローの隙を狙った真後ろ作戦は失敗に終わってしまった。

ディフェンドスタンスを使って

フレイムアローの隙を狙った作戦は失敗に終わってしまった。それと姿かたちは黄龍デプスのクリュエルそっくりだけど攻撃方法は大分違っていたように感じた。これは改めて相手の行動を見極める必要があるのではないだろうか。私はディフェンドスタンスLv7で防御力を上げる。これで決戦場に長居できるといいのだけれど。

けれどディフェンドスタンスで防御力を300以上にしているというのに相手からのダメージは80ほど受ける。そしてこちらの攻撃なんて20しか与えられない。ひどい格差だ。

一つわかったのはディフェンドスタンス状態のこの低い攻撃力では倒しきることなんて出来ないだろうということ。つまり本番では使えない。となると相手から受けるダメージは150前後だろうか? これは盾で防ぎながら戦うのは絶望的に感じる。

レッサーデーモンの通常攻撃は大振り気味の振り下ろしのような攻撃。またスキル攻撃なのかどうなのかよくわからないけれど2種類の強打攻撃らしきもの。……だめだ、さっきから「〜ような」とか「〜らしき」といったまったく確定でない情報ばかり。

ああああああああっ! 気付いたら、おそらく殴り殺されてしまっていた。
最後の最後まで。私は自分の死因すら不確定だなんて……。


レッサーデーモン戦での死亡回数:1回

旧地下水路、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。