ソロFIG 地下3階、レッサーデーモン戦 その8

報告書番号:2012-07-04

ヒールポーションを集めて

レッサーデーモンとの戦いに備えていつものカオカ・パラージ遺跡入り口付近のヒドラプラントからヒールポーションを集めようと思っていたのだけれど、レベルが19のためなのか、なかなかドロップしなくなっていた。

しばらく1人で集めていたけれど途中で広場の仲間のヒロが駆けつけてくれた。ヒロからパーティーにおけるドロップ率についての話なんかを聴きながらヒールポーションを集め続け、最終的に29個も集まった。ヒロには今度、酒場で何か美味しいものをご馳走しないと。

レッサーデーモンとの戦い

あれからクロークにしまってあったガントレットを最後の一つになるまで鍛錬したら+5が完成した。おかげで物理防御は279になり、気休め程度だけれどレッサーとの戦いが楽になった。

レッサーデーモンと死なずに30分戦うことは出来る。となれば後は少しでも時間を稼がなくてはならない。取り巻きのダークシングは2体同時に倒すよう心がける。

少しでも手数を増やすために果敢に挑むも気絶中からのフレイムアローに焼き殺されてしまった。ヒールポーションの数、残り19個……! まだまだ諦めない! 少なくともヒールポーションが全てなくなるまでは!

キャンプでMP回復をしているとあることに気付いた。現在の私のMPが88だということに。これはMP+2以上のジェムをつければヒールを唱えられる回数が8から9回に上がる。この1回は貴重だ。なぜなら私のヒールLv5の回復量はヒールポーション7個に匹敵するのだから。

うっ……くっ……。同じ、同じ結末。気絶中のフレイムアロー、しかも惨めにもあがいて逃げようとしたところを背中からなんて……。

前向きに考えよう、ヒールポーションを1個でも使う前にこの結末に辿り着いたことを。

私にとって脅威はフレイムアローではなくフレイムアローを受ける原因になっている気絶攻撃の方だと気付く。それならば、魔法防御は脱ぎ捨てよう。私は魔防装備から気絶耐性装備に切り替えた。これで気絶耐性値は41になった。今度こそ……!

MP80とヒールポーション19個を全て使った戦果。これまでで最もダメージを与えている。それに加えてまだ決戦場の空気は変わっていない。やっぱり回復があると無茶をできるため手数が多くなる。その分被弾も多くなってしまうけれど、これはヒールポーションを50個ほど持ち込めばもっと追い詰められる気がする。

私は屈しない!!


レッサーデーモン戦での死亡回数:11回

旧地下水路、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。