三頭のレッサーデーモン戦 その2

報告書番号:2012-07-30

地下ドラグーン遺跡 贖罪の石版に刻まれた言葉

後悔と嘆き、そして報復によりて扉は開かれた。
心せよ、これより先は口伝にも上らぬ秘められし領域なり。

気絶耐性ジェムを集めて

入隊したばかりの副官からジェムを贈られた。それもただのジェムではなく、気絶耐性+5という高価なものを。

副官と約束を交わし気絶耐性+5ジェムを受け取る。必ずあの3体の悪魔は倒さなくては。

とは言ったけれどやっぱり気絶耐性ジェム+5をすんなりと受け取ってしまうには気が引ける部分もある。何しろ彼女もまた私と同じように3体のレッサーデーモンとの戦いで苦戦しているのだから。彼女にとって必要なものになると思うのだ、このジェムは。このジェムを使うときは副官が私より先にレッサーデーモン決戦場を突破し、必要がなくなったときだ。それまでこのジェムはしばらく私が預かっておくだけにしておこう。

活路?

ちびぃから受け取った気鋭の耳飾りのおかげで私の気絶耐性値は62まで上がった。これでレッサーデーモンの気絶攻撃は1秒までに抑えることができる。この1秒は些細なものなのか、それとも大きなものになるか試すために、私はあの嫌になるほどの長い道のりを経て第3決戦場までやってきた。

防具のほとんどを魔法防御の高いTHI装備にして挑む。

なんとか1体ずつ誘いだせないだろうかと魔物の硬直中に部屋の様子を伺おうとしたところで気付く。この部屋の入り口の柱の影にいると気付かれないということに。……ひょっとしてここから1体ずつ誘いだせるのでは!?

上手くいった。見事に1体だけ引っ張ることができた。それに加えてレッサーデーモンのフレイムアローは30程度のダメージしか受けない。

けれど、喜んだのも束の間、この柱の影から少しでも体を出してしまうと2体目のレッサーデーモンに気付かれてしまう。それに視界が悪いため寸前まで、逃げ場を覆われるまで気付けなかったのだ……。

くっ、まだまだ!
これは活路に違いない。私は諦めず何度か挑んでいると……。

まさか、部屋の中にこんな隠れられる場所があったなんて!

この場所からだと、簡単にレッサーデーモンを1体ずつ引っ張ることができた。なんて僥倖なんだろう。2体同時に戦うつもりでいたのにこれならひょっとして今回いきなり突破できてしまうのでは?

そんな、甘い相手では、なかった。
今日だけで殺された回数は4回、地上に倒れた私の数は8人だった。

381年7月6日

残りの忘却の遺産88個
残りのコンディション回復アイテム:癒しのお香21個、ハートチョコ1個
残りの特殊回復アイテム:レッドポーション5個、最高級レッドポーション17個、高級修理道具10個

地下ドラグーン遺跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。