三頭のレッサーデーモンを倒すための作戦 その2

報告書番号:2012-07-31

レッサーデーモンのリドル

1秒程度の気絶時間でもレッサーデーモンの気絶攻撃はやっかいだった。地下3階で戦ったときと違い、頻繁に放ってくる気絶攻撃。それはヒールの詠唱を止め、キャンプを妨害し、たやすく私の命を奪い去る。

……強い。やっぱりレッサーデーモンは強敵だった。仕方ない。装備を揃え、レベルを22にしてから挑もう。ただ、今回の戦いは糧になるものが多かった。

まず注意点だ。壁に隠れてレッサーデーモンと一対一で戦えるのは良いのだけれど、気をつけて戦わないと簡単に他のレッサーデーモンにみつかってしまい一対多という状況になってしまう。具体的にどう注意すればいいのかはわからないのだけれど、とにかく深追いすると他のレッサーデーモンを呼び寄せてしまうらしかった。柱隠れと同じで数撃与えたら壁まで戻った方が良さそうだ。

そして足を止めて(ひょっとしたら動かない相手に対して気絶攻撃を頻発するのかもしれない)全ての攻撃を被弾前提で戦う場合、高レベルアベンジがかなり強力だった。レベルが22になればアベンジ7を習得できるので、そうなったらアベンジの反撃は6,000ダメージ近くになる。

また、相手の攻撃を通常攻撃だろうと、フレイムアローだろうと全て正面で受け止めながら戦う場合、脅威は頻度の少ないフレイムアローよりも通常攻撃の方になる。オーバーユーズ3を発動しているとフレイムアローのダメージは30程度だ。けれど通常攻撃に関しては更にヘッドバッシュ6で軽減しているというのに70前後を受ける。個人的にはこのダメージが逆くらいになってもいいだろう。となると装備の見直しが必要になってくる。

ここに物理防御と魔法防御といった2つの皿を乗せた天秤がある。どうやって均衡を保てばいいだろう。このリドルはやっかいなものになりそうだ。

381年7月6日

残りの忘却の遺産88個
残りのコンディション回復アイテム:癒しのお香21個、ハートチョコ1個
残りの特殊回復アイテム:レッドポーション5個、最高級レッドポーション17個、高級修理道具10個

地下ドラグーン遺跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。