腐ったチーズケーキとポイズンチョコとハードチョコ

報告書番号:2012-08-16

腐ったチーズケーキを求めて

明日に備えて最終スキル構成は上図のようになった。
バッシュ1、レッグバッシュ1、ウォークライ1、最大重量上昇6、ディフェンドスタンス4、センチネルガード1、アベンジ7、物理防御上昇1、GP回復量上昇1、オーバーユーズ3、私の攻撃面の低さからアベンジ7は必須になるはず。そして色々と悩んだのだけれどやっぱり最大重量上昇は外せない。後は……。

腐ったチーズケーキを手に入れないと。そしてどうやら腐ったチーズケーキは旧地下水路以降の迷宮でお金さえ支払えばいくつでも手に入るらしい。ということは多少色をつけて拡声の筒で買取をすれば集まるかもしれない……なんてことを考えていたらちびぃとバイスさんが買ってきてくれた。どうもありがとう。

よし、早速その効果を試してみよう……。 お腹が痛い……。うう、傍から見ると私はただのばかだ。

とりあえず腐ったチーズケーキの効果はわかった。
毒の効果は17秒、CT(私がもう一度口に運ぶ決心をするのに)は30秒かかる。2秒に一度おそらく最大HPの1%のダメージを受けるので、私の場合だと最大HPが800ちょっとなので8*8で16秒で64ダメージだ。アベンジ中に2回は食べることができるけれど、それでも128ダメージか。想像していたよりも効果は低かったけれど、カーリーを倒すために少しでも可能性は捨てられない。
それと私はクロークにずっとしまってあったポイズンチョコもとりだす。ちょうどいいのでこのポイズンチョコの効果も試してみよう。
(でもこのチョコ、もう4ヶ月くらい前のものなのだけれど……)

うあっ。期限の問題なのか純粋に毒のせいなのかはわからないけれどすごいダメージだった。
効果時間とCTを確認するのを忘れてしまったけれど、うまくチーズケーキと組み合わせればなかなか頼りになりそうだ。
そして、もう一つのチョコも取り出していた。それはハードチョコ、食べたものを石へと変えてしまう魔性のチョコだ。
この石化チョコ、石化中一切の行動が出来なくなるかわりに物理防御が上昇するらしいのだ。行動ができないのなら意味がないのではと思われるかもしれないけれど、私はこれの有効活用法を思いついていた。それはキャンプ発動後の待機時間、MPを回復するまでのキャンプ時間をこのハードチョコと盾によるガードの組み合わせで凌ぐといった方法だった。

腐ったチーズケーキ、ポイズンチョコにハードチョコ、これらのアイテムがカーリー突破口になりそうだった。ただ、ポイズンチョコとハードチョコは数に限りがある。これは慎重に作戦を練らないと……。

381年7月23日

残りの忘却の遺産:73個

残りのコンディション回復アイテム:
癒しのお香17個

残りの特殊回復アイテム:
レッドポーション2個
高級レッドポーション1個
最高級レッドポーション12個
高級修理道具10個

地下ドラグーン遺跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。