瓦解していく希望 カーリー戦 その18

報告書番号:2012-09-14

地下ドラグーン遺跡 贖罪の石版に刻まれた言葉

後悔と嘆き、そして報復によりて扉は開かれた。
心せよ、これより先は口伝にも上らぬ秘められし領域なり。

最後の戦い

最終決戦前に、私の作戦を簡単にだけれど説明しておこう。

アベンジを無駄なく使うため、アベンジのCT中以外は全てカーリーと足を止めて戦う。ディバインアーマー4(効果時間28秒の後12秒たたないと再詠唱できない)とオーバーユーズ3(効果時間60秒の後72秒たたないと再詠唱できない)のスーパーアーマー状態のときはヒールで回復をすることができるけれど、どうしてもスーパーアーマーのない時間が発生してしまう。それでも逃げるわけにはいかない。私の勝利にはアベンジ中はカーリーの攻撃を全て被弾するというのが前提条件なのだから。

そこで活躍してくれるのが以下の四種類のポーションだ。 左から、最高級68、高級2、通常11のレッドポーション、ミドルヒールポーション53個となっている。
これらは全てCTが別々のため、数さえ残っていたら緊急時は四つのポーションを全て使うことだって出来る。実際は四つなんて使わずに最高級とミドルヒールポーションで私のHPは全回復するみたいなのだけれど。

私の予想ではこれだけの数が揃っていれば十分、おそらく半分も使わずに倒せるはず。問題なのはMPの方だった。
MP回復をどの時点で行えばいいのか、それがわからなかった。例えばこれまでの戦いでは、

1.ディバインアーマー
2.アベンジ
3.オーバーユーズ
4.アベンジ反撃
5.オーバーユーズ中にキャンプによるMP回復
6.逃げる
7.オーバーユーズのCT残り28秒になったら(1)へ戻り繰り返し

といった一つの法則のもとに戦えば楽だった。何度も繰り返しているうちに勝手に体が覚えてしまうくらいに。
けれど今回の作戦はそうはいかない。何度もやればこれも体が勝手に覚えてくれるかもしれないけれど、今回の作戦にはレッドポーション類が必須なのだ。レッドポーションは冒険者ギルドから支給されるか、試練《スフィア》以外に入手手段がない(少なくとも私にとっては)ことから、この初めての一回で勝利するほかない。

かといってMP回復の機会がわからないままでは勝算は低い。そこで私は残った生命マテリアルを全てブルーポーションと交換したのだ。 左上からマテリアルポーション(MP10回復CT20)11個、最高級ブルーポーション(MP回復量、CT共に不明)9個、ディメントアイス白(MP10回復CT300)となっている。肝心のブルーポーションの回復量とCTがわからないのだけれど、何しろ最高級レッドポーションの倍の価値があるのだから、きっと助けになるはず……だと思う。

これらのMP回復アイテムの使いどころだけど、キャンプ時にMPが30以下の場合はCTが300秒と長いディメントアイス白から使っていく。私の最大MPは132、マスターキャンプの二度目の回復で96回復することから30以下の場合は二度目の回復で全回復しない。そこでディメントアイスを、CT中の場合はマテリアルポーションを使ってMPを全回復させる。ブルーポーションはよくわからないけれどキャンプを設置する余裕がないと判断したら使っていこう。

よし、最終決戦だ……。いくぞ、カアアリイイイイイイ!! え……。うそ……。

381年8月23日

残りのコンディション回復アイテム:
癒しのお香19個
ディメントアイス白い貴婦人25個
その他のディメントアイス51個

残りの特殊回復アイテム:
レッドポーション7個
最高級レッドポーション64個
最高級ブルーポーション9個
マテリアルポーション11個
ディメントアイス白い貴婦人25個
高級修理道具11個

残りの生命マテリアル:5

地下ドラグーン遺跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。