それはアヴルールの…… カーリー戦 その26

報告書番号:2012-09-22

地下ドラグーン遺跡 贖罪の石版に刻まれた言葉

後悔と嘆き、そして報復によりて扉は開かれた。
心せよ、これより先は口伝にも上らぬ秘められし領域なり。

大失敗

ああ、しまった!! なんてことを……。

私はあることに気付いてしまった。気付くのが少し手遅れでその代償はとても大きいけれど……。それはとても重大なことで良いことと悪いことが一つずつ。良いことは気絶耐性+5を揃える必要がなくなったこと。そして悪いことは出品したばかりのサリット+5は絶対出品してはいけない装備だったことだ。どうしよう……。

どういう事かと言うと、今気絶耐性装備を集めているのはフェイルライフ戦のためであり、必死になって良ソケット装備を作り直しているのは、HPの増加、そして強化値(防御力)を減らすことで今よりもアベンジダメージを高めることにあったのだけれど……。

防御力が減った状態でカーリーと一対一であれば問題はない。しかしそこにフェイルライフまで混ざると恐らく無理。そして何より、フェイルライフ戦時ではアベンジは使わないのだから防御力を下げることなんて悪いことしかない。つまり今装備している強化値の高い装備についているジェムを一度整理してありったけの気絶耐性+3ジェムをはめこむことで、フェイルライフ戦専用の防御力が高く、なおかつ安価で気絶耐性装備を揃えられるといったものだったのに。

そしてカーリー用の装備は改めて良ソケット、低防御力装備として作れば良い。だからサリット+5で既に気絶耐性+9ジェムがはまっているものをオークションにかけてしまうなんて、いったい私はなにをしているんだろう。仮にこれで大金が手に入っても、この後私のすることは△ジェムをはめられる3ソケットのサリットを探して、それを+5にして、そこに気絶耐性+9をはめこむという……まったく意味がわからない!

もう、あれこれ考えても遅いのだから考えるのは良そう。ちょうどいいことに今私の手元にはノエルちゃんから貰ったサリット◇◇を+3まで強化したものがある。これに気絶耐性をはめこめばいいか。失った防御力のことは何か他の部位を強化して帳尻を合わせよう。

特務ミッションとカーリー撃破への希望

初級冒険者向けの報酬HP+10ジェムの特務ミッションが期間限定で受けられるようだ。
今私にとってもっとも必要なHP+10ジェム。正直集めるのは手間だけれど、拡声の筒と合わせて集めればある程度の量に届くかもしれない。

そして忘却の遺産だ。コンディションが絶好調であれば、最大重量上昇はぎりぎり4レベルで足りた。余った分をまずはヘッドバッシュに。これでアンダカの討伐時間が短くなってくれたらいいのだけれど……。

結果は普段と変わらない4分40秒での討伐。これじゃあ使い物にはならない。私はヘッドバッシュはすぐに諦めて次の可能性。ディフェンドスタンスをレベル7まで習得した。

4,500ダメージなんていう十分なダメージ。
しかもチーズケーキは食べないでこの威力。防御力が上がったのになんでダメージが増えたのかと言うと、それは背面受けのおかげだった。これまではHPが減ってヒールの回復が間に合わないと判断したときはすぐに前を向きなおして……といって調整していたのだけれど、ディフェンドスタンスを7まで上げたことで全攻撃を背面で受けても耐えることが出来たらしい。

よし、防御力は丁度いいみたいだ。ほぼ安定にこのダメージを出せるならカーリーだけならどんなに時間がかかっても24分あれば倒せる(はず、おそらくだけど)。となると後はフェイルライフ、フェイルライフ戦だ。このリドルさえ解ければ私はもうカーリーを倒せる。

けれど思いつかない……。もう最後の手段は武器の攻撃力を上げること、これしかなさそうだった。

381年8月28日

残りのコンディション回復アイテム:
癒しのお香15個
ディメントアイス白い貴婦人14個
その他のディメントアイス31個

残りの特殊回復アイテム:
ディメントアイス白い貴婦人14個
高級修理道具6個

残りの生命マテリアル:5

地下ドラグーン遺跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。