それはアヴルールの祝福か試練 カーリー戦 その30

報告書番号:2012-09-26

地下ドラグーン遺跡 贖罪の石版に刻まれた言葉

後悔と嘆き、そして報復によりて扉は開かれた。
心せよ、これより先は口伝にも上らぬ秘められし領域なり。

八月二十九日、夜

みんな、ありがとう。

どうもありがとう。……けど私はカートさんの力を借りて戦おうとおもいます。
明日の戦いが終わればソロの冒険も終わり……そうしたら……。カートさんここまでありがとうございます!

おちび、ありがとう! 必ず私は勝って帰る!

(創造神アヴルールよ、どうか私に祝福を!)

八月三十日、夜八時まで

冒険者ギルドからの支給品は高級修理道具だった。ありがたい、カーリー戦では耐久が完全な状態で始まっても壊れてしまうことは免れない以上、何よりも欲しい道具だった。

最後のオークション。ここまできてお金が必要になることなんて恐らくないだろうけれど。


いくぞ、カーリー!

くっ。


ここまで来てもまだ安定しないカーリー戦。結局のところ背面受けは難しくてものにはできなかった。ダメージを受けすぎた場合は急いで正面を向きなおしてダメージを抑えないといけないのだけどその間隔を間違えるとカーリーの刃に両断されてしまう。

だけどここまで来て私の方もまだ戦い方は上達していた。例えば最初のアンダカ戦。アンダカが魔法を唱える時は対象から後退して距離をとってから詠唱を始めるのだけど、これまで私は詠唱を阻止しようとアンダカを追いかけていた。それがかえってよりアンダカを遠ざけることになってしまっていたのだ。アンダカが後退を始めたらこちらもアンダカから離れるように後退をはじめる。すると距離が広がる時間がはやくなり、アンダカはすぐに詠唱を始めるので詠唱を確認したらすぐに距離をつめて攻撃をはじめるといったものだ。この立ち回りで数秒程度でも時間を無駄にせずにすむ。

他にも、アンダカ二体目であれば壁の隅を利用して、自分とアンダカを斜めに置き、両方の背中に壁を置くことでアンダカが回転連撃をしてそのまま後に回りこまれてもすぐに壁があることでストップし、さっきと立ち位置が逆になっただけでお互いの背に壁があることは変わらない。ただ回り込む動きをされた場合はどうしようもないので諦める。

それと、これはおちびの助言だったけれど……。 カーリーが卵を産み出したときに一時的にディフェンドスタンスを解除して卵を攻撃するといった話があった。どうやら卵は固定1ダメージだとばかり思っていて、その分HPが低いのかと思っていたけれどそうではないらしい。卵にもHPが100くらいあって、硬いけれど鍛え上げた武器ならばしっかりとダメージは通るとのことだった。これまで壊していたとおもったあれは何だったのか気になるけれど、もういまさら意味はないだろう。とにかく、卵を産み出す前にディフェンドスタンスを解除できるかどうかも課題になってきた。

そしてここでパンツが壊れたので一度町へ戻ることに。
(まったくもう最後の戦いだっていうのに心残りができるみたいに色々戦い方が思いつく)


正直、カーリーを倒せる自信はなかった。アンダカを倒して、カーリーにたどり着くまでに5分。カーリーを倒すのに23分。四体のフェイルライフを全て倒すのにどんなに上手く戦えても1分。遅ければ2分以上。仮に最も良い戦いができたとしても2分足らない。私の実力だけではカーリーを十としたら八まで迫るのが精一杯。残りの二を埋めるには創造神アヴルールの祝福がなければ無理だろう。稀になぜかフェイルライフを産み出さないといった現象や、1ダメージしか出ていないのに卵が消える現象が起きる。この不可思議な現象が3回以上生まれる奇跡が起きない限り、私はカーリーに勝てないのだ。

創造神アヴルールの祝福により勝利を掴めるのか、それとも敗北といった長い試練となるのか、それは今夜の間にわかることだった。

地下ドラグーン遺跡、探索の記録一覧へ戻る

報告書の先頭に戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。